遺言を見つけて

葬儀が終わり、個人の部屋の片付けをしていて遺言を見つけたというのも珍しく無い話です。
遺産を、残された遺族にどのように分配して相続するのかといった事が記された重要な書類です。
法律に従って作成された、公正証書とは違いますが、自筆証書と見なされる場合もあり、直ちにそれなりの手続きが必要です。

発見した場合、遅滞なく家庭裁判所に検認を請求しなければなりません。
※怠った者は50,000円以下の過料
※検認の請求をせずに遺言を執行した者は50,000円以下の過料

封印してある遺言書を勝手に開封してもいけません。
※開封した者は50,000円以下の過料

家庭で見つけたものでも、公的機関を介さずに取り扱ってはいけないのです。
過料とは、刑罰にはあたらない罰金のようなものです。
※存在を知りながら、それを隠蔽・破棄した人は、相続欠格事由に相当し、相続人の地位を失います。

検認請求をすると、後日相続人全員に、家庭裁判所へ集まるよう連絡があります。
そして、相続人立会いのもと、遺言の確認を行います。
方式が整っていれば検認が済んだという事で、遺言書に付記されます。
これにより、法律上の遺言書としての効力を持つのです。

遺言に記されていない財産がある場合、相続人全員で遺産分割協議をして処分を決めます。
また、記載内容全てに法的拘束力があるばかりではありません。

葬儀に、各種手続きにと、忙しい日々が続きますが、故人の意志を尊重する事が、葬儀以上に相当する程の供養となります。



大阪相続放棄相談センターなら、相続放棄 期限の3ヶ月を越えた場合でも対応してくれますよ!


What's New

2013/02/04
おすすめ記事3を更新。
2012/11/05
おすすめ記事2を更新。
2012/03/14
おすすめ記事1を更新。
2011/09/08
相続放棄を更新。
2011/09/08
誰が相続人?を更新。
2011/09/08
最新情報を更新。
2011/09/08
遺言の方式を更新。
2011/09/08
遺言書の力を更新。
2011/09/08
相続と遺言の関係を更新。
2011/09/08
ホームページリニューアル
最新情報 | 相続と遺言の関係 2011年12月06日