銀行カードローンの審査基準

銀行カードローンの審査基準については、銀行が独自に決めているため、詳細は不明となっています。しかし、一般的には、年収、勤務形態、勤続年数、個人信用情報、年齢、他社借入、居住年数、居住形態、健康保険の種類などが影響すると言われています。

消費者金融審査甘い 口コミを見てみると、年収は高いほどよいですが、必ずしも高年収の人が有利になるわけでもありません。芸能人のように、売れているときは高年収でも、売れなくなったら一気に年収が下がってしまうような職業についている人は、高額融資を受けることは難しいです。公務員や大企業の正社員のように、安定性がある人が有利になります。アルバイトでも無理のない金額を希望していれば審査に通ることもあります。

銀行カードローンで共通することは、個人信用情報が重要になるということです。過去1年以内に延滞がある人は申し込み不可と明記されている銀行もあるように、延滞にはとても厳しいです。クレジットカードやローンだけでなく、携帯料金の延滞も影響することがあるので、注意しておきましょう。

銀行では、カードローンのほかに住宅ローンや定期預金などのサービスも提供されています。住宅ローンなどを利用していて、信用を得ている人の場合には、審査で有利になるでしょう。住宅ローンを借りている人に優遇金利を適用するという銀行カードローンも多いです。逆に、それまで取引がまったくないという場合には、いきなり大きな金額を借りることは難しくなります。少しずつ信用を得ていくことが重要です。

コメント投稿は締め切りました。